作業環境を少し改善しました。ダイニングテーブルとデュアルモニターそして新しいNUCです。 ところが、そうそうは上手く行かないものですね。でも軟着陸しました。

作業環境を改善しようと思った

町内会のHPサイトを丸ごと作業受託したり、PCのディスクが残り12GBとなったりで、 作業環境が手狭となったので改善を考えました。

その結果、新しいNUCとモニターを調達しようと思ったのです。 チョイスはBOXNUC8i3BEKとFlexScan EV2451。 僕的には最適構成の、第8世代Core i3とEIZO モニターです。

ダイニングテーブルでそれは始まる

あれUbuntuインストーラがクラッシュ

NUCにUbuntuがインストールできません。 Live版がビュンビュン動作するので凄く期待していたのですが、仕方がありません。 夫々時期的に微妙なので、2020.04版まで待つことにします。

残ったのはモニターですが。

でもモニターは使える

EIZOのモニターは最高です。 頑丈な上に5年保障です。すべての入力端子用のケーブルが付属です。 機能が多過ぎてまだマニュアルCDを読んでいません。 ベゼルが細いので部屋の光景に溶け込んでいます。 縦位置に回転させて使えます。 とにかく美しい画面。素晴らしい。

文章が踊ってしまいましたm(_ _)m

現役Stream11からHDMI出力で繋ぐと24インチ1366x768(16:9)の世界です。 Amazonnで映画を見るのが楽しみですねえ。 写真の趣味にも良い影響がありそうです。

また踊っている(^^)

作業はダイニングテーブルで

ダイニングテーブルにモニターを置きました。 大きさや他の機材を考えると此処がベストです。 モニターを中心にして機材を配置したのがこの写真です。

左手にStream11を正面にEIZOを置きました。 各ディスプレイの配置はこの写真に合わせて、EIZOがプライマリです。 右手には小さな棚をおいてスペースを稼いでいます。 見にくいですがEIZOの下にはバックアップ用のTranscend 1TB HDD。 とぐろを巻いているのはこの前ANA搭乗時に頂いたイヤフォン。

そして隠居したのに最近必要になってきた卓上カレンダーです。

ダイニングテーブルでそれは始まる

勿論Stream11を持ち出す際には、シャットダウン後にHDMIケーブルを外して再起動すれば普通のノートPCです。

キッチンの側は危険じゃ?

そして写真の外の右にはキッチンがあります。 水回りが側にあるのは危険な感じがしますよね。 CMで見掛ける「蛇口から水道水が盛大に吹き上がる」状況だと確かに危険。

でもPC作業は僕の生活になっているので、キッチンの側なのは自然なことなのです。 定番の珈琲を煎れたりの作業がスムースで便利です。

調理の際には換気扇を回しているので、湿気も問題ないでしょう。

油を使った調理はしてません。 麻婆豆腐やゴーヤチャンプルの際は野菜を油で炒めずに水で炒っています。 (余計でした。。。)

結果の心理的効果は

心理的な効果は十分満足できるものです。 広いテーブルに広くて美しい画面、そしていつものPCは安心感があります。

空いたスペースでチマチマ作業していたんですが、「自分の居場所」と言う感じでこの記事を書いてます。

ミニ成功のご報告でした

以上です。

PCの容量不足はなんとかしないといけないですが。