そろそろ夏バテのお話が聞こえてきそうな、7月下旬です。 効果的なのはやはりお食事内容だそうですね。 春夏秋冬、お食事は大事ですが、特に「夏はご用心」とか。 人生の黄昏を生き抜く僕ですが、 食事の面で用心していることを書いてみました。

旬のものを食べたい

食材が旬ということは、栄養的にも、お値段的にも、優れています。 季節の夫々に旬の食材があります。 これは皆さんご存知ですね。 僕もここを心掛けています。

スーパーなどでの旬食材の判断基準は、量と価格ですね。 沢山あって、お安いのが良いです。 味だって期待できます。

季節と旬と暦を考えなくても、この判断基準で選ぶと、 殆どが今の季節の旬な食材です。

最近は優れた冷凍技術をもって提供される食材もあります。 僕の勘では、冷凍食材には旬のものを使っています。 コストを考えると、そう思えるのです。 季節感なく提供されていますが、 実は旬の味を閉じ込めましたという優れたやつです。 結構オススメだと思います。 使いやすいですし。

ハシリの高価なものを食べることはしていません。 単なる見栄だと思い知っています。

食事のバランス&量

1日単位で食材のバランスを考えています。

1週間とかで言われることもあるらしいですが、 ガチガチな感じがして好きではありません。

朝は野菜不足だから、昼は野菜サンドかな〜、ぐらいの所です。 あまりシビアに考えても、体の反応はそれほど敏感ではありません。 微速前進!ぐらいの感覚で考えています。

家で自炊しているときには、思い通りになりますが、 外食する際は、外食を楽しめることを最優先にして、 他の食事を決めます。 夕食にステーキを食べる予定なら、消化の良いものを食べて備えるとかですね。

特に意識するのは、「あれ、食べたいなあ」と言う、 体が欲しがっている物は何かです。 これは間違いありません。

量は少なめにがテーマ

食事は楽しいものです。 一人で自炊しても、自由に食べるのが楽しい。 SNSのグルメを覗きながら食べるのは最高に面白いです。

でも食べ過ぎは体に悪い。 歳のせいか、消化器系等の平常運転が面倒です。 一旦崩すと、楽しめなくなります。

永遠のテーマのように感じています。 ずっと気にしているのが、一番の対処方法でしょう。

朝食をSNSにUPしています

以前入院した際に、栄養指導の先生から言われたアイデアで、 「SNSに食事写真を上げておくと、良い記録になりますよ」。 それまでは毎月の報告毎にこのブログに記録した食事内容を見せていました。

確かに、楽な作業となるので、 栄養指導が無くなった今でも、 インスタとマストドンの匠にだけ、 朝食だけを上げるようにしています。 朝食だけなのは、自炊の意欲を失わない、 食事は朝食がポイント、 朝の適当なルーティーン、 という意味合いからです。

朝食
1日1枚、インスタしています。 良いね!をくれる酔狂な方もいますねえ、ナゼか。

食に関して普段意識していることを取り留めなく書きました。 話すように書くと、余計なことを言っていないか気になります^_^ 大事な食事です。 軽く、そしていつも意識しているのが一番良さそうです。