長い間待っていた、 キリンのホーム・タップが来ました。 家庭用のビールサーバーという訳です。 今後、生ビールが月に4本(4l)来ることになります。 男子のメカフェチをくすぐるビールサーバーの扱いが始まります。 そして、美味しいビール。 最初は少ない量で始まりますが、 種類、量ともに変更追加が可能ですので、 ビールに関しては十分な環境となります。

ホーム・タップとは

これです。
キリン ホームタップ 自宅で本格ビールを愉しめる家庭用ビールサーバー

キリン ホーム・タップ
小型のビールサーバーです。 キリンが提供する2lのペットボトルを冷やす、 専用ビールサーバーです。 次の火曜日にはビール本体と消耗品が届きます。 それまでに取扱を勉強しないといけない。

キリンだけの味で良いのか

そこのところは、問題ないですね。

何処のメーカーのものでも生ビールなら同じように感じる僕です。 実際に処製造後時間の経っていない生ビールは、 ブラインドで比べると区別が付かないぐらいに美味しい。

北海道で何度もキリンとサッポロのビール工場の見学に参加した僕の信念です。

但し、醸造方法が違うと、そうは行きません。 生ビールというものの醸造方法にはあまり違いがないから言えます。


隠居生活のハナになってくれるでしょうか。 料理づくりも楽しいので、 隠居バンザイでしょうか。