やっと手に入ったUbuntu20.04LTS日本語Remixを立ち上げてみました。 今日はその外観をお見せしましょう。 環境はモニターが2枚なので、何も考えないでスクショすると、横長です。 これを予てから用意の母艦(NUCですが)に入れるのです。

詳しい情報はこちらからお願いします。 Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Team

立ち上げて様子を見ただけ

デスクトップ
Ubuntu日本語Remixはオリジナルのパッケージとは違って、 日本語特有の問題を予め解決したパッケージです。 僕もJapanese Teamのご苦労に感謝しつつ利用させて頂いております。
今度の外観はFocal Fossa(⁠⁠注目を集める(目から光線が)フォッサ⁠⁠)です。 僕的には微妙です。どうせ壁紙は変更するのですけれどね。

詳しくは動物図鑑/フォッサをご覧ください。

ファイルを開いた様子
ファイルを開いた様子です。 上のデスクトップもそうですが、アイコンが変わりました。 機能的には変わりないように見えますね。
マルチモニター
マルチモニター環境で走らせていますので、 こんなスクショになります。 僕は2匹のFossaに睨まれます。

後は母艦に入れるだけなんですが、 そこから長い道のりが始まります。 今の愛機を育てるのに4年はかかっているので、 今度の母艦も同じぐらいかかると思われます。 今のも使っていく気ですから、ソフトは絞れますが、 今まで使ったことのないソフトや、巨大なソフトあたりが気がかりです。

ここは緩い感じで書いています。 此処まで書いたので、後は導入話とか、 新しいソフトとかでネタが出来ました。 尽きませんねえ。