僕のPC環境はUbuntu20.04LTS日本語Remix版です。 現在は母艦(NUC)とノートに導入しています。 母艦にはHHKを付けたので、 日本語入力環境の設定を少し変えましたので、お話します。 どなたかのお役に立てば良いと思います。 母艦にUbuntu20.04LTS日本語Remixを、 導入し終わったところから話は始まります。

ハードウェアを選ぶ(HHK)

今母艦君は日本語JISキーボードがついていると思っています。 本当のことを教えてあげるには、レイアウトを選んであげなければなりません。 下記のコマンドでキーボードを選びます。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

キーボード定義
こんな画面がターミナル上に現れて、 CUIインターフェースで操作するのです。 矢印キーでキーボードを選びます。 僕の場合はHHKなので”Happy Hacking”を選びました(背景が赤)。 TABキーで<了解>を反転させてEnterすれば次の画面へ行きます。 この先は全てデフォルトで良いので、Enterを押しまくると、 キーボードの構成を反映する作業が始まります。

処理終了後、念のためにrebootしましょう。

boot後に右上の日本語入力メニューから、 キーボード・レイアウトを確認できます。

PFU
Happy Hacking Keyboardが見えますか?

地域と言語の設定

右端のメニューから設定メニューを起動して、 地域と言語を選びます。背景が赤くなっていますね。

画面の右側に入力ソースのところで”日本語(Mozc)”以外を削除します。 右にあるゴミ箱ボタンを押せば消えます。 画像のようになりましたか?

地域と言語
間違って削除しても大丈夫です。+の行をクリックすれば、 元に戻せますので。 入力ソースと書かれた行の下に、 ”キーボードレイアウトかインプットメソッドを選択してください”、 と書かれています。 この場合は入力メソッドだけ選択してある状態です。 キーボードはハードウェアをすでに定義しているので。

Mozcキー設定

次にMozc入力メソッドのキー設定を変更します。 これはJISキーボードのように全角/半角キーが無いからです。

このキーの代替としては、 歴史的にCtrl+Spaceを割り当てています。 このキー設定をMozc設定に反映させるわけです。

以下の画像で入力キーのフィールドに、 ”Ctrl Space”とあるところが変更した部分です。 4箇所あります。

IME
IMEを無効化の行です。
IME
IMEを無効化の行です。
IME
IMEを有効化の行です。
IME
IMEを無効化の行です。

後はOKと適用ボタンを押して反映させてください。 ここで反映させないと、 首を傾げることも僕にはよくあります。

テスト

テキストエディターなど、日本語を入力できるソフトでテストです。

Ctrl+Spaceで「あ」、「A」が切り替わるでしょうか。

駄目な時には、もう一回作業内容を最初から確認してください。

素直にJISキーボードを使えば良いのですが、 歴史的にUS配列が手慣れたしまっています。 職場ではJIS配列を使っていましたが。