スマホの写真をこのブログでかなり使います。 この間まではUSB接続して、 ファイル転送設定して、 ファイラーで開くということをしてました。 普通の作業ですね。 でも、いちいち設定を開くのが面倒なのです。 ケーブルだってそんなに長くはありませんので、 デスクから持ち出す度に設定が要ります。 デフォルトにできればいいのですが、 充電がされていないとかの失敗とかが見えるし。 今回はそんなお話。

SFTP
SSH File Transfer Protocol.

僕の環境

例によって、Ubuntu20.04LTS日本語Remix搭載の、NUC8i3BEKです。 250GBのM.2 SDD、16GBメモリーです。 X環境を使用しています。 日本語入力環境としてMozcを使っています。ブラウザはChromeです。 各種資料作成、はがき印刷、ブログ作成、町会HP更新、SNS参加、 何でもかんでも自己完結できています。
た だ し、スマホはAndroidです^_^

スマホからPCへ写真を送るには

ケーブルを挿してからの設定アプリでファイル転送、ファイラーで取り込む。 一般的にはこのような作業を行います。 でも、この流れを毎度行うのは面倒です。

スマホで撮った写真をPCにWiFiで送り込めたら、 結構便利じゃないでしょうか。 そこで、SFTPを使います。 引用します。 SSH File Transfer Protocol - Wikipedia

スマホのアプリとPCの設定を調べました。

  • Android向けに各種サーバーに対応しているFE(FileExplorer)がありました
  • PCにはSSHの設定がありませんでした

スマホにアプリを入れよう

いつもどおりにGoogle先生に聞いてみました。 このようなものがありました。 FE File Explorer - ファイルマネージャー - Google Play のアプリ 。 試しに入れてみたら狙い通りに使えます。

PCを設定しましょう

PCにSSHサービスを仕込みます。 SFTPはSSHの上で動作するので、この仕込みでOKです。 詳しい説明は引用します。 SSH File Transfer Protocol - Wikipedia 。 そして参考にした作業手順を。 SFTPサーバを用意する - Qiita

PCがWiFi接続であるなら、 ルーターに入ってIPアドレスの割当を固定して下さい。 サーバーとして動作させるときの基本条件です。 無理な時には有線接続するとか。 我が家はルーターの設定でやっています。

スマホとPCを繋ぎましょう

スマホのFEアプリからPCのSFTPユーザーへアクセスする設定です。

PCではSSHサービスが動作しています。

まず、アプリを起ち上げるとこんな感じです。 画像では既に”ark sftp”という接続先が出来ています。 これが僕のPCへの接続先です。

FE
写真の場合にはImagesからCameraへ進むと出てきます。

新しい接続先を作るためには、 右下の+ボタンを押して、 新しい接続先タイプ(SFTPですね)選択と進んで、 接続情報を設定すれば完了します。

FE接続タイプ
かなり便利だということが分かります。

接続情報は下記です。

  • 表示名:分かりやすいものを
  • ホスト名/IP:PCのIPアドレスです
  • パス:ルートディレクトリで良ければ不要です
  • ポート:普通は22です
  • サーバー文字セット:普通はUTF-8です
  • ログオンの種類:通常
  • ユーザー名:PCに設定したユーザー名
  • パスワード:PCに設定したパスワード

写真を送ってみましょう

この手順で作業します。 写真は撮影済とします。

  1. ホーム画面でImagesをクリック
  2. 更にCameraをクリックして写真の一覧が
  3. 必要な写真を長押しすると
  4. 複数選択モードになります
  5. 更に必要なものを選択して
  6. 下に出ている”コピー”をクリック
  7. コピー先の一覧からPCを選んで
  8. 保存をクリックすれば送信が行われます
  9. PCでファイラーを開いて
  10. 写真が来ていることを確認

少し問題が

コピーしなくては

写真が届く場所はSFTP専用ユーザーのディレクトリですので、 普通作業するユーザーには更新の権限がありません。 一旦作業ユーザーのホームディレクトリへコピーします。

写真が溜まります

上記のようにSFTPされて来た写真は、 消すタイミングを作らないと、 溜まり放題です。 使い勝手が悪いところにあるので、 できれば作業エリアへコピー後に消したい。

この辺はsudoすれば良いのですが、 ターミナルでの作業となります。 更新の権限をつけるのも手ですが、 止めています。


ここではゆったりと書いています。 もう少しスマートにならないかと思っていますが、 こんなところで今は満足しています。 ところで、こんなに沢山書きすぎですかねえ。