どの国の事業者が製造した製品なのかが分かる。 コピー商品が溢れている昨今です。 これを覚えるともう迷わないですよ。 その定義は世界中に広がっています。

商品ラベルのバーコード

全ての商品にはバーコードが表示されたラベルが表示されています。

これはサプライチェーンの透明性を確保するために付けられています。

平たく言うとどこの国のどの事業者が製造したかが明確に分かるわけです。

コピー商品が溢れている昨今ですので、 こういった情報で安心を得ることは大事です。 勿論、承知の上なら良いのですけどね。

医療関係は特に力を入れているようですよ。 勝手にコピーされたら堪りませんものね。

バーコードの見本
こんなバーコードが印刷されているはずです。

詳細は次に示すところでご覧下さい。

リンク:GS1 - Wikipedia

リンク:GS1事業者コード・ GTIN( JANコード )とは GS1 Japan 一般財団法人流通システム開発センター

リンク:GS1 The Global Language of Business


日本は先頭が「45」または「49」なんだそうですよ。