何だか料理が楽しくなってきました。 前回のフェイジャンをアレンジしてみました。 野菜と肉を増やして、豆を少々にしました。 町に量としてケチャップを使っています。 今回はその顛末です。

フェイジャンに野菜を増やす

フェイジャンに野菜を増やして、 にんにくを止めました。 野菜には人参を加えました。 調味料にケチャップを使っています。 トマト味が少々します。

ご飯に添えて
ご飯が暖かければ、 冷めていても美味しいです。

黒インゲンと肉の煮込み

材料

4~5人前の分量です。

  • 黒いんげん豆:200g
  • 鶏胸肉:2枚
  • 冷蔵庫の余り肉:100g
  • 玉ねぎ:中1個
  • にんじん:1本
  • ローリエ:2枚
  • 塩、胡椒:最後に味見しながら適量

調理手順

炒める
後は煮込んでいって、出来上がりです。
  • 豆を戻します。乾燥豆を使わずに、煮た缶詰を使うてもあります。 戻すには8時間ほど掛かるので、寝る前に仕込みます。 水は豆の倍以上入れて下さい。
  • 戻した豆を煮ながら星までの作業をやります。
  • 玉ねぎ、にんじんを微塵切りにしておきます。
  • 各種肉を一口大に切ります。
  • 鍋にオリーブオイルを入れて、最初に肉に焦げ目を付けます。
  • 玉ねぎと人参を入れて玉ねぎが透き通ってきた頃に
  • ★ケチャップを入れて煮込みます。
  • 豆が煮えたら、豆と煮汁を一緒に加えてローリエと水を足して、煮込みます。
  • 水が減り、とろみが出たら
  • 味を見て、塩、胡椒で整えます。

食べ方

  • ご飯に添えて食べるのがお勧め
  • パンに添えても良いでしょう
  • 何ならクラッカーの上に乗せても
  • サラダに添えても良いと思います
  • 少しだけお酒のお供にしても良いですね

塩味なので、何処にでも出せるのが良いところです。

役に立ったのは

玉ねぎやにんじんのみじん切りはきちんとしないと、 舌触りや味に影響が大きいです。

面倒なみじん切りに役立ったのはこの道具です。 よく見かけますが、本当に役立ちます。 コツは詰め込まないことです。

微塵切りツール
とても役立ちます。この製品は作りがしっかりしていました。

試食後の感想は

フェイジャンの応用編と考えています。この料理の調理は初めてでしたが、

豆は色んなモノを使うことが出来ますので、 黒の色味が気に入らなければ、 他の色にすることが出来ます。

煮豆の水煮缶詰があれば、 即調理に入れますので、お手軽ですね。

味は塩と胡椒だけですが、 肉と玉ねぎとにんじん、ケチャップの味があるので、 十分に味わえます。 付け合せと考えれば、 主張しない程度の味が丁度いいかも知れません。


美味しくて、2日に渡って食べてしまいました。 これまた、飽きがこなくて、ローカーボ。 似たような料理になっていますが、 味は少しずつ違っているのです。