もう正月も5日です。 お節が余っています。 年末に生協から買ったものと、 有り難いご厚意で頂いたもの。 さて、どうやって保存して、食べきるか。 今回はそんなお話です。

生活マナーのお勉強

お節のセットが2個もあれば、 それでなくても普段からパンパンの、冷蔵庫は溢れます。

悪いことに大晦日から元旦にかけて、 ホテルで一人宴会してしまいました。
消費チャンスが減ったわけです。

最初は袋からちょこちょこ出していたけど、 面倒くさくなって、そば猪口に入るだけ出していました。 でも、欠点が。

そば猪口
見た目も使い勝手も良い加減です。 ところが、冷蔵庫にしまう時にラップしても乾燥します。 蒲鉾なんかは顕著に乾燥します。 そば猪口を一つずつラップすれば良いものを、 トレイを包むようにしてしまったので、 隙間が出来たんですね。

表面が固くなった蒲鉾を食べながら、 そば猪口じゃなくて密閉容器を買いに行こうと思ったのでした。 幸い今日ならミーツは開いている。

密閉容器
密閉容器を6個買いました。 イクラは量が500gもあったので、 大きめの容器にしてあります。
左上のイクラから右回りに、 昆布巻き、黒豆、蒲鉾、田作り、玉子焼き、です

後は、ちまちまと食事トレイに出して行けば良いわけです。

食事トレイ
手間を惜しんではいけませんね。 主婦さんなら分かりきったことを、 再学習していることになります。 でも恥ずかしいとは感じないのは、 なぜなんでしょうかね。 不思議です。

新しい生活マナーを勉強したり、 作ったりするのは、とてもクリエイティブなんじゃないでしょうか。 GDPの世界から脚を出し切っていない僕には、 アナザーワールドを見た思いです。
(大げさですかね? そんなことはないと思っています^_^