今朝SNSで拝見した記事(田舎住まいは大変とか)からの連想で、 僕にとって、 人との距離感はどれぐらいが良いんだろうと考えました。 隠居の身なので、 でしゃばってはいけないし、 面白そうなことには参加したいし、 色々と考えるんですけど。 今回はそんなお話。

小屋より小さい家
こんな小屋が手に入ったら、対人関係で悩まなくても済みそうでしょうか? ここで頭を冷やしたり、邪魔されないように隠れたり出来たら、 いい感じかも知れません。 自分の周りにそんな所を持つのもいいですね。 うん、良いですねえ! >これは無印さんの提案する小屋の例です。

僕の環境

例によって、Ubuntu20.04LTS日本語Remix搭載の、NUC8i3BEKです。 250GBのM.2 SDD、16GBメモリーです。 X環境を使用しています。 日本語入力環境としてMozcを使っています。

各種資料作成、はがき印刷、ブログ作成、町会HP更新、SNS参加、 何でもかんでも出来ています。

他のOSにしか対応していない製品やソフトは使わなくても大丈夫。

た だ し、スマホはAndroidです^_^

人との距離とは

ざっくり考えると、こんな具合でしょうか。 社会学者さんであれば明確に言えるんでしょうが、 僕の頭と感覚ではこんなものです。 だからと言って学ぶ気もないのが残念ですm(_ _)m

  • 物理的距離:単純な距離ですね
  • 社会的距離:制度とかから来る距離感
  • 主義的距離:主義主張での距離
  • 心情的距離:共感する人との距離

物理的な距離って言うのは単純で、 遠くに住んでいるので会えないというやつです。

社会的距離って言うのは法律や制度とかの要因で、 隔離されているようなケースです。 伝染病で隔離されるのもそうです。

主義的距離って言うのは、 ある論理的主張を持っている時に、 相容れない人との間の距離です。

心情的距離ってのは、 好き嫌いの感情に左右される距離です。 好きな人とは近寄りたいし、 苦手な人とは近寄りがたいし、 の感覚です。

どうするのか、距離感は

僕の場合、 問題なのは心情的距離ということになります。 他のケースは自分だけではどうしようもありません。

自分の心から来る好きと嫌いの心情に、 どうやって付き合っていくかです。

人と付き合うためには、 自分と付き合っていることを意識しようと思います。

自分の感情のままだと、 相手への態度が大きく変わるので、 相手の気持にも影響が出ます。

少なくともお話している際には、 嫌な顔をせずに話を聞いていましょう。

本当に避けたい人、 避けなければならない事態であれば、 さっさと退散しましょう。

これが僕の対人の距離感覚です。 あ、昔からのご隠居の姿でもありますねえ。


ここではゆったりと書いています。 とりとめない話でスミマセンm(_ _)m なんと言うか、自分の生活するところや、 その範囲について、 沢山考えるのが隠居の生活なんでしょうね。 時間が沢山あるので。