料理の趣味を深めようと思い立った時に、 包丁を研ぐのに不便していたことを思い出しました。 一般的な砥石はあるのですが、安定して使うための砥石台がないのです。 Amazonさんへ行きました。

刃物は切れてなんぼ

調理をされる方ならお分かりでしょうが、 よく切れる刃物は使っていて気持ちが良いものです。 そして、切れない包丁は危なくてしようがないのです。

そうですから、怠け者の僕でも流石に、時々には包丁を研いでいます。

研ぎ難かった

砥石は一般的なサイズの中砥があるのですが、 砥石台がありませんでした。

布巾を敷いたりしていましたが、 布巾が汚れるし、あまり安定せずにズレるしで、 使い心地が良いものではありませんでした。

砥石台を購入

漠然とプラスティックでできた台をイメージしていたんですが、 Amazonさんで探すと、トンデモなく色んな製品が見つかります。

その中から、僕基準で決めたのがこの製品です。

Amazon 伊藤製作所 ワン・ツー・スリー 砥石台センター付 GS-TC 砥石

砥石台
砥石を付けた様子です。

とてもいい感じ

ステンレスとゴムで構成されているので、 水と縁が深い包丁研ぎ作業でも、 錆が来にくいでしょう。 勿論、使用後に乾かすことは必須ですね。

新潟県三条市のメーカーさんなので、 安心感もあります。

砥石台全景
僕の砥石は一般的なサイズだと思いますが、 ピッタリと収まりました。

使う時には水を掛けながら作業するので、 台所のシンクの中に置いてます。 脚がゴムなので、滑らず、気持ちいいです。

シンクを跨いで固定する製品もありましたが、 結局邪魔だろうと判断しました。


道具や見た目から入る、悪い例かも知れませんが、 食べるだけじゃなくて、気持ちよく作業できることは、 僕にとって重要なポイントです。