プリンターのA4用紙をDAISOで買った帰りにカフェえごの樹で楽譜の勉強です。 その帰り道、薬用植物園の真ん前を通ったのです。 よいお天気で入場無料の植物園の前に居るなんて、 そのまま入園したのでした。 中の敷地が広い。 良くある例えだと、東京ドーム4個分ほどかな。 大きな温室を始め、広大な土地を仕切って様々な薬用植物を植えてあります。 いつものように、写真でご案内します。

カフェえごの樹

行きつけになっている、カフェえごの樹の店先はこんな風になっています。

カフェえごの樹
クラシックな雰囲気で暖かいおもてなしが売りのカフェなんです。 僕の住まいからは散歩がてらにたどり着ける感じです。 今日はプリンターの用紙をDAISOで調達した帰りに寄ってみました。 そうそう、昨日の東京散歩のお土産として、上野リチさんのデザインを冠した、 缶バッヂを差し上げました。

つい東京散歩してしまった

カフェえごの樹の帰り道、 東京都薬用植物園の前を通りかかり、 あまりの天気の良さに、東京散歩してしまいました。

入場無料です。 ガイドも付きますが、勝手に歩きます。

大きな温室
暖かい地方の植物がここに植えられています。 この温室は東大和市駅ホームから見えていて、 いつかは訪ねようと思わせてくれていました。
植物のアーチ
バラのように、アーチが設えられています。 まだ季節が早い感じですが、盛になると鬱蒼と茂ることでしょう。
東屋
広大な敷地を歩き回るのは一苦労です。 東屋も用意されていますので、用意が宜しいです。
広大な敷地
広大な敷地の全てに、 薬用植物が分類されて植わっています。 民家が境界ギリギリにまで迫っているので、 少し驚きました。 でも、壁がしっかりと構えられているので、安心です。

えごの樹もありました

えごの樹
カフェえごの樹の名前は、お店の前に並木になっていた、 えごの樹に因んでいるのだそうです。 その樹がありました。 説明文も読み取れます。
えごの樹
これがえごの樹です。 カフェの前に植わっていたものはもっと大木でした。 いまでは切株しか残っていないのですが、 この場所で見ることが出来て嬉しいな。

昨日に続いて東京散歩でした。 東京は東西に長いので、 こんなところに来ても東京散歩になります。 それではまた。