以前から東京城南島でのデイキャンプを楽しんでいました。 充実した施設の中でのんびりデキルのは、心の選択になります。 最近話題に登ってきたソロキャンプ。 装備も充実してきたようですね。 でも、殆どが車でGo!^_^ ぼくは免許もが原付き1種だけ、 愛車は所有していない。 でも、いらっしゃるんです。 徒歩でキャンプされている方が。 徒歩、公共交通機関だけでたどりついたキャンプ場で、野外生活。 憧れたんで、書きます。 使っている写真は「アトリエばく」のものです。 何かあったらご連絡を。

Youtubeで見つけた

この手の情報はYoutubeということで、 見つけました。 純正の徒歩キャンパー、 徒歩キャンプいずみ - YouTube

チャンネルの動画は2年前からとなっています。 この初回7138回再生が、1.9万回再生のユーチューバーさんです。

僕はこれらの動画から、キャンプの心得やアルアルを教わっています。 前回と同じ経路と手順で接種を受けることが出来ました。

淡々と、そして少し剽軽な動画内容に心を温めています。 この間コメントしたら丁寧にご返事頂き、有難うございました。 今やチャネル登録者数1.93万人ですから、驚きました。

さて、目的は

キャンプは一時的野外生活だそうです。 キャンプ - Wikipedia

野外生活という言葉が気に入りました。

そうです。 僕にとっては、自分の生活の延長線なんです。

キャンプが目的ではなく、写真とか、釣りとか、はたまたイベントとかが主で、 そのためにテントを張るという感覚。 勿論、何もしたくないので、どっかでキャンプという場合もありますけど、 ぼ〜〜っとするのが目的と考えます。

そして、ソロなのが基本です。

そして、装備は

装備に関する情報が欲しいと思って検索したら、 このサイトが見つかりました。

これを揃えればOK!キャンプ歴40年のソロキャンパーがおすすめ「ソロキャンプ道具一式」&必需品リスト ー CAMP HACK[キャンプハック]

この情報に基づいて、自分の手持ちや製品を纏めましょう。 情報有難うございます! 勉強しますので。

携帯装備
荷は2個にまとまります。
徒歩で
キャリアバッグがあると結構運べます。 モデルは紹介サイトの筆者である、 関 美奈子ライティング・デザイン・イラスト制作会社「アトリエばく」代表。
テントとタープ
こんな感じの設営を想定してます。 モデルは紹介サイトの筆者である、 関 美奈子ライティング・デザイン・イラスト制作会社「アトリエばく」代表。

使っている写真は「アトリエばく」のものです。 何かありましたら。

ということで目論んでおります。 こういう話を何度か書いたような気がしてますが、 何度書いても楽しいし、 書くたびに内容が変わっていきます。 企画編から調達一覧編へと話が進みますように!