野外生活で使用するテント候補の第2弾です。 ヘビーな状況で使うものではないですが、 極端な状況でなければ大丈夫と言ったところ。 僕の意図からすると、 ヘビーな状況でテントを張るなんて考えていないので、 良い所を突いてきます。 メーカーはカワセさんです。 新潟県三条のメーカーさんです。 そして、コスパの良さ。 現場の状況とコスパのせめぎ合いですなあ。 楽しいお話です。

一人用で気軽に使えるかと

リンク:ツーリングテント UV【テント・タープ】 株式会社カワセ

リンク:株式会社カワセ

リンク:Amazon BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-18 収納ケース付 コンパクト収納 ドーム型 【1~2人用】 BUNDOK(バンドック) スポーツ&アウトドア

BDK-18
少人数のキャンプやツーリングにオススメ! 本製品はファミリーキャンプ用として製作してありますので 山岳用、常設、日常使用の頻度の高い使用は避けてください。 必ず2名以上でおこなってください。 必ずペグなどで地面に固定して使用してください。
サイトのイメージ
ソロキャンプなのですが、荷物の収納を考えると、 二人用の広さが必要かとも思っていました。 これだけ広ければ、荷物と同居できます。 総重量は約2,300gです。 これなら徒歩で持っていけます。
そして原産国は日本です。
因みに、僕はジベタリアンなので、 こんなにお洒落ではありませんので^_^

スペックは

BDK-18のサイズ
都会のソロキャンなら十分でしょうね。 緊急時には非難する場所があるという前提ですが、 毎度ヘビーな状況というのも考えにくいので。

テントの第2段目はツーリングの目線でした。 徒歩なんですが、言葉通りにツーリングかと言うと、 それは違うと。 むしろお気楽な気分転換ぐらいなので、 これで十分じゃなかろうかと思います。 強力な候補ですねえ。