カローレのランチ会で話題になったCDがAmazonから届きました。 早速再生してみると、そこには、 まさしくヴィンテージな光景が。 昔のあのもどかしさが蘇る。

実はCD出したりしてます

カローレメンバーの三田さんから告られました。 Amazonとのことで早速ポチ。

「音には自信があるんですが、爆音で聞いてください。」
それじゃあ、ヘッドフォンだね。

次の日(3月1日)にはCD到着。 さり気なくポストに入っていた。
それがこれ。ご購入はこちらで。最後の在庫を僕が取ったので、再入荷まで時間がかかります。申し訳ありません。

ヴィンテージ ゴールド
何ともレトロな雰囲気のある音曲です。 このCDケースに入れられているキャプションの用紙には自身があるとか。

1. カナリア
2. 心配
3. わかってください
4. サイ
5. チェルシー
6. UFO
7. うずまき
8. いつかさよなら

歌・ギター:三田基樹[みたもとき]
ベース:澤田将弘[さわだまさひろ]
ドラム:石田雅弘[いしだまさひろ]

キーボード・コーラス:石橋靖将[わっしょい]
レコーディングエンジニア:池田洋[いけだひろし] hmc recording studio
ジャケットデザイン:新井千佳子[あらいちかこ] mother

ご本人から使用の許諾を頂戴しているので、 アルバムタイトル曲の「うずまき」からどうぞ。

うずまき

楽曲の印象は人ぞれぞれです。 僕としてはやはり70年台テイストでしょうか。 心地よいです。
話は変わりますが、つけてあるキャプションの紙に注目。 「モス、四六判Y目107kg」とありますね。一番お金がかかったのだそうです。 ヴィンテージ ゴールドの表現ですね。

ここではゆる〜〜い調子でブログしています。 宅内の音楽サーバーとスマホに入れてあります。 でも音はCDからのほうが太い。