久しぶりにギターの弦を張替えました。 体調不調で4月はギターにろくに触っていなかったので、 気分を一新する意味でも集中で居た1時間近くでした。 思ったより時間がかかったのは、あれこれ考えすぎたせいでしょうか。 まだまだ経験が浅いので、自分のスタイルを決めかねます。 当面は教習書に沿って身につけましょう。

ギターの弦がヘタっている

病院から退院してからこの方、 基本的な生活スタイルの改良に専念していたお陰で、 音楽趣味のギターにはあまり触ってきていなかったのです。

よく見るとギターの弦がヘタっている。 3フレットめ辺りの4,5,6弦の巻が潰れて光っているし、 1.2.3弦の表面もささくれだっている。 そもそも音だってきらびやかでなくなっているし。

ということで予てから用意のAUGUSTINE Blue HIGH TENSIONにて 張り直すことにしました。

標準品
これは教習所で推薦されている弦です。 毎回これを張り替えています。 他のものに浮気する余裕などございません。

張り替えながら

考えていたのは自分なりに合理的な手順です。

  • 弦の外し方:丁寧に外してエレアコなんぞに張って再生します
  • 1,2,3弦の滑り止め:ブリッジ側の末端に玉を作ります
  • 糸巻きへは切らず全部に巻いておく:再生するために
張った様子
こんな感じになります。変に光ったりしてませんよね。
ブリッジ
ブリッジはこんな感じです。

このブログはゆったりと作っています。 ちょっとした話題だってブログしますので…