ギターを趣味にしています。 楽しくやるのがモットーです。 スマホで始めた録音は、 趣味が昂じて大げさとも言えるぐらいになりました。 今日は現在の機材を紹介します。 自慢にもならない程度のものなので、 僕は気楽です。

機材一式

一式
テーブルの片隅に置けるぐらいのものです。 マイク、ミキサー、録音機、ヘッドフォンだけです。 まだ一式纏めておく方法が見つからないので、 バラな感じで置いています。

マイク

マイク
ベリンガーのC-2と言うコンデンサーマイクです。 結構いい音が録れます。 これのPHANTOM電源は48Vです。 ギターの音域や音色にあっていると思います。 ステレオ録音できるように2本あります。

ミキサー

ミキサー
ベリンガーのXENYX802です。 8トラック入力があります。 アナログミキサーの入門編です。 必要な端子は全種類ありますので、 勉強になります。 この写真では、コンデンサーマイクが2本入っています。 モニター出力としてヘッドフォンに出力しています。 見にくいですが、PHANTOM電源供給中のランプが光っています。

モニター用ヘッドフォン

HP
AKGのK77 PERCEPTIONです。 派手さはなく、そのままが聞こえるという、 モニターにうってつけのものです。 モニターはミキサーのところで行います。

デジタル・レコーダー

DR-70D
TASCAMのDR-70Dです。 カメラとの連動機能が売りですが、 高性能デジタル録音機材として使います。 写真ですと、1/L,2/R端子にミキサーからのTRSが入っています。 左側に電源のUSBパワーが入っています。

プレビュー機材

ステレオ
アンプはTEAC A-630 MKⅡです。 スピーカーはYAMAHA NS-10Mと言う旧いもの。 普段使っているHiFi装置です。 写真で上にあるプレーヤーに乗っているのは、 TASCAM iXZ MIC&Guitar INTERFACEです。 この前まで録音に使っていました。

ついでにギターです

ギター
Martinez Guitarra MC-128Sと言う銘です。 明るい音色が出ます。 僕の腕が上がればいい音が出るはず。 Youtubeの試奏動画を観ました。

現状は

なんとか組めた録音環境を実際に使いこなそうと、 ギター練習を録音しているところです。 自分の出している音が客観的に聞けるのは勉強になります。

取り敢えず録音環境は出来ました。 そのうち、Podcastなんかを始める際にこのスキルは役に立つでしょう。 動画の世界へ行きたいですが、録音をしっかり覚えないとです。 そしてギター演奏もですね。