ギターの勉強はとても難しいと思います。 SNSでお見かけしたご意見に目が止まりました。 「一つの曲をパートに分けて合奏するのは勉強になる。」 たしかに思い当たります。 ギター教室の先生に相談したら、おやりなさいと、 パートナーまで手配してくれました。 自由な雰囲気の中で話が進むので、 重奏隊の名前やポスターまで考えてしまいました。 今回はそんなお話です。

取り敢えずデュオで始めました

僕と組んで頂けたのは、かなり先輩に当たる方で、 仮にHさんとします。

先生に頂いた2パート構成の楽譜で初めた練習曲は、 「Over the Rainbow」と言う定番曲です。

これの成果を10月10日の発表会でご披露します。

チーム名をどうしよう

練習の難しさとは別に、 この重奏隊をきちんと育てたいとの思いは募ります。

ひねり出したのはイタリア語を使った、 Camera Piccolo(カメラ ピッコロ:小さな室内楽ぐらいに意味)でした。

ポスターを作ろう

未だに同じギター教室の生徒さんでもご存じないので、 いっそポスターを作ってアピールしようと思います。

通っている絵画教室の画材やアイデアを活用して、 作り出したのがこの第1校です。

ポスター第1校
絵画教室では丁度、コラージュの実習に入っていたので、 ギターをテーマにしたものを作成して、 その写真を元にして、ポスターに仕上げました。

只今は一人増えて3名体勢です。 どんな曲を練習していおくのか、 メンバーで相談しながら進んでいきます。 勿論、先生のご指導を仰ぎながらです。