今月分のライブも終わりホッとしていたら、 もう「中島みゆき劇場版2022(2007-2016 歌旅~縁会~一会)」 の封切りじゃないですか。 今日は何もなかったはずなんだがとぼやきながら、 さっと朝食を済ませ、出かけたのは有楽町の丸の内ピカデリー2。 自動販売機でチケット買って、取り敢えずSNSに流す写真を撮影。 只今11:00時。 受付は11:20時からということで、 「集」でコーヒーとトイレを済ますと、 丁度お時間。 今回はこんな話から脱線してます。

手帳に書いてある

今日は何も予定がないとSNSに書き込んだのに、 手帳を眺めたら、封切りの劇場があった。 中島みゆきのライヴ・ヒストリー劇場版だ。 これはそろそろ見とかなくてはと思っていたもの。

彼女は僕の2つ下だから、古希の手前ぐらい。 今見とかないとねえ。

チケット
楽々手に入ったチケット

リンク:中島みゆき - Wikipedia

ピカデリー2の様子

ピカデリー2
松竹系ですね。

売店でコーヒーを求めて席に着く。 客の入はスカスカ。 まあ封切りとは言え、金曜の午前中の回だからねえ。

席が凄い豪華。 おしりが痛くなんかならない。 予告編の上映中に音をチェックしたが、 重厚でドンシャリなところがない。 さすが松竹だね。

お客は僕と同じぐらいのお年ごろのご夫婦やお一人さまばかり。 非常に皆様おとなしい。

鑑賞の印象

ひたすらライブ映像を流して流して終わりという感じ。 「あれ、終わった?」と感想してた方がいらっしゃるぐらい。 僕としては只管堪能したので、 大満足だったね。 変な解説入れられても退屈なだけ。

古希前のお年なのに、 鍛えている声ですねえ。 感激した。 大規模なバンドを従えている感が凄い。

脱線しますが

僕の二十歳頃の音楽趣味を彩った歌姫たちについて。 何故か男性歌手は入ってこない。

「中島みゆき」「荒井由美」「高橋真理子」「竹内まりあ」。 僕の人生を彩ってくれた歌姫はこんな処。 だいたい同じような年齢ですねえ。(失礼m(_ _)m)

中島みゆきさん

1stアルバムをLP盤で持っている人。 渋谷の小さなビルのスタジオで録音したんだそうですね。 FM放送で知って買ったんだっけ。

今時LPが流行っているらしい
再生していると昔を思い出すねえ。 今とそんなに声が変わっていないようなのは、 昔から発声が独特だったからかな。
LP盤
はい。これがくるくる回って音が出るんですねえ。

その歌詞は僕に人生を教えてくれました。 今でもその通りだが、 僕もだいぶ人生の荒波に洗われたので、 頷くぐらいか。

これを書きながら1stアルバム「私の声が聞こえますか」を流している。 ちょっとタイムスリップしそうだ。

荒井由美さん

敢えて結婚前の名義で。

飛行機雲の初盤LPを持っていたんだけど、 居なくなったので、CDを買っている。

日本でもこんな音楽が聞けるんだと驚いた。 ニューウェーブとか言われていましたが、 洋楽を考えるとそんなことはなく、 売らんかな惹句であったと思う。

CDは荒井由美名義の4枚だけ持っている。

高橋真理子さん

結婚してから良くなった。 ヘンリーバンドとのツアーが楽しい。

歌唱力は一番だと思っている。 曲は作らないが、作詞は時々している。

アルバム「高橋千秋楽」4枚組を購入している。

竹内まりあさん

アメリカ感覚の帰国子女が、 シンガーソングライトしているなあ、 と思っていたら、 ユニークな歌詞と楽曲で出してきた。 山下達郎さんと組んだせいだと後で気がついた。

青春の恋歌〜苦しい恋歌〜人生の讃歌の流れで歩んでいる。

他の方たち

林檎さんとか、 沢山いらっしゃるが、 年が離れすぎ。


脱線しました^_^ 4人も歌姫がいらっしゃるのは凄いと思いませんか?