このブログをどんな風に書いているのかをお話します。 いきなり専門用語が出てくるので、ご注意ください。

僕のブログはJekyllのプロジェクト

このサイトはJekyllという静的サイト構築ツールで出来ています。

ですからWordPressなどのようにダイナミックな動きは出来ないのですが、 今の所満足しています。

JekyllはPCの中に設定したプロジェクトを元にして動作します。 つまり、ブログの内容は全てPCの中に存在することになります。

手元に全部あるというのは安心ですね。

公開サイトはPCと同期させているだけ

PCの中にあるプロジェクトを元に構築した内容を 公開サイトに同期させることによって、最新に更新します。

こうすることで、もしもサイトが壊れても復旧は簡単です。 サーバーを変更するときにもです。

世代管理はプロジェクトに適用

バックアップ及び管理のために行う世代管理は PCの中のプロジェクトを対象にしています。

世代管理によって柔軟なそして確実な管理が行なえます。

世代管理にはGitを使っている

git mark
このマークはGitの世代管理を表現しています。

プロジェクトをGitの管理下にしておき、 外付けのデヴァイスにも其の内容を保存しています。

リモートに置いても良いのですが、 完全に手元に置くという方針で、こうしています。

使っているエディタにGitインタフェースがないので、 コマンドラインで直に触っています。

できるだけ簡単でありふれた道具を心掛けています

サイトのデザイン

Jekyllが読み込める形式でCSSやHTMLを直に触ります。

ご覧になっていらっしゃる方にはおわかりでしょうが、 絵心がないので、最低限度の機能を搭載しています。 勿論、Jekyllのinit時のデザインを元にしています。

記事の作成

ネタを見つけたら、画像などのメディアを用意して、 プロジェクト内で記事を書き足します。

記事はMarkDown形式で書きます。 ここに用意したメディアを埋め込んでいきます。

プレビュー

JekyllにはPC上でプレビュー機能を提供しています。 リアルタイムでのファイル更新に対応していますので、 エディターを開きながら其の結果をプレビューできます。

内蔵HTTPサーバーがちょっとです。 マルチメディアの扱いが弱い。

公開サイトへ反映させる

プレビューが満足されたら、公開サイト向けの構築を行い、 公開中のサイトへ同期を行います。

用意しているツール

自分なりに便利なツールを作成しています。

名前 用途
2web 画像を適当に減量します
catch アイコン画像を作成します
blog2edogoe 公開用のサイトを構築して同期させます
mkmat-h MarkDown記法のヘルプを表示します

ここではゆる〜〜い調子でブログしています。 僕が運用しているブログの話題でした。 内容はこれからも更新していきます。