ブログネタを思いついてもすぐに忘れてしまいます。 SNSの友人がネタ帳のことを言っていたので、作ってみました。 その友人は自分のネタ帳ソフトを自ら制作して使っているのですが、 僕の場合は”予てから用意の”スマホアプリを利用しています。 そして、申し訳ありませんが僕の環境がAndroidなのです。 iPhoneな向きには同様な機能のアプリは簡単に見つかると思われます。 この辺の事情を解決するアプリも紹介します。

ブログのネタは同時進行

ブログのネタ帳が必要と感じた原因は記憶力の減衰です。 どうしても複数のネタが同時進行してしまうので、覚え切れないのです。

多少は編集方向をメモしないと

キッカケとなる単語や文が有ればなんとか引っ張り出せるかなと思いました。 でもそれでは不十分で、やはり見出しぐらいの記述がないと、 記事の方向が定まらないのです。 「あれ、最初に感じていたことと違う話になる。」という訳です。

構造的に記事を書くならマークダウン記法

見出しを羅列すると言えばピッタリと思っているのはマークダウン記法です。

詳しくはこちらをご覧ください。日本語Markdownユーザー会の解説です。

#文字を使って見出しを構造的に表現できます。 もちろん、見出しに付随する文章も記述できます。 簡単な文法で構造的な文章を書くことが出来るのです。

ということで、マークダウン記法でネタ帳を書き込んでいくことにしました。

QuickEditアプリは

いわゆるテキストエディターというのがQuickEditアプリです。 沢山の構文言語の強調表示が可能で、 つまりこの場合、マークダウン記法を理解して見やすく表示してくれるわけです。

予てから用意(ちょっと真似)のアプリを使って美味しいネタを作ります。

QuickEditアイコン
これがQuickEditアプリのアイコンです。

どこでも使えるJoplinアプリの紹介

Windowsのほか、macOS、Linux、iOS、iPad OS、Androidに対応しており、無料で全てのOSとデータを同期することが可能なアプリがJoplinです。

無料のメモ&ToDo管理アプリ「Joplin」はプレビュー・データ同期・ブラウザからスクショ保存も可能な使い勝手抜群のオープンソースアプリ - GIGAZINE

とても便利そうですが、僕の仕事スタイルを変えるつもりがないので、 紹介するだけにしておきます。

同期を相互に取れるので、仕事スタイルによっては強力な道具になりえます。

ネタ帳の作成手順

準備作業

アプリの入手

僕のスマホにはQuickEditが入っていますが、 お手持ちのスマホに無ければ導入します。 こちらでどうぞ。

QuickEdit導入ページ
これがQuickEditアプリ導入ページの様子です。 広告なしバージョンも存在しています。

専用ディレクトリ作成

僕の場合には永久保存するつもりがないので、 SDではなく、内部ストレージに作成しました。 ずばり”ネタ帳”ディレクトリです。

ネタの整理ルール

1ネタ1ファイル

何でもかんでも1つのファイルに書き込むと後悔します。 ネタ別の管理が出来なくなるのです。

1ネタ1ファイルとしました。

使ってしまったネタファイルは潔く消してしまいます。

拡張子

マークダウンを書き込んでいる際にはmd、 単なるテキストならtxtとします。

恐らくその他は考えなくても良いでしょう。

母艦との連携

ブログを書くときにはPC母艦上で書くことにしていますので、 特に不便はないようです。

スマホを眺めながら見出しだけ書き写して、 後は詳細なところを情報収集し、記事を完成させています。

結果

いつでもどこでも手にしているスマホにネタ帳が出来たことで、 忘れてしまうことはなくなりそうです。

ネタ帳ディレクトリに溜まっているファイルの一覧はお見せできませんので、 悪しからずご了承ください。

このブログはゆったりと作っています。 今回は楽屋落ちでしたが、 きっとお仕事にも役立つ情報と思っています。