故郷の札幌へ旅しました。いつもの珍道中なので、笑いながらお楽しみください。 日別の日記ではなく、テーマ(ドタバタ)別になっています。文中の感想はあくまでも個人的なものであります。

あ、スマホ忘れた

いきなりこれです。 何事も準備が大事ですが、普段を忘れたようです。

のんきなことに、空港でおみやげを買ってから気がつくというお粗末。 それまで1回も触っていない! 後2時間で自宅までを往復するのは、無理。 空港でスマホのショップを探してみるが、無し。

本当は何すればいいか解ってましたから焦りはしませんでした。 現地調達に賭けて千歳へ飛んだのでした。

スマホとSIMを調達

札幌に着いてからホテルのコンシェルジェに相談したが、 MVOのお店しか分からないとか。 そんなドジなお客はこのビジネス系ホテルにはいないということか。

天を仰ぐ。

駅前だから量販店ぐらいはあると思って探したら、 ビックカメラ、ヨドバシカメラがあった。 ビックカメラでASUSの格安スマホとUQの通信SIMを契約。 スマホはASUSの格安を手に入れた次第。

型番などはどうでも良いや。

このSIMは通信契約なのにSMSが使えるという。 「LINEが申し込めます」と、得意そうな店員さん。 LINEは要らないが旅先でCAMERAとMAPとSMSが使えるのは有り難い。 ただ、その後の話だが、マストドンの標準クライアントをWebで使うと「メモリ不足でその後の実行ができません」とかの警告が出てしまう。メモリが足りないのか?大したことではないのでスルーしたのだった。

コーヒーを飲みながらざっとスマホを調べてホテルへ戻って、チェックイン。 室内やラウンジでのサービスWiFiもあるようだ。

荷解き後に電車に乗って妹の家を訪れて電話番号を交換した。 これで法事も大丈夫だ。 通話は無しだが妹はSMSがOKなので助かる。

Googleアカウントのパスワードが

普段Googleに魂を売っている僕ですが、パスワードを思い出せない! 登録してある電話番号は忘れたやつのだからSMSも分からない。

お約束の展開。

いや、千歳へ飛ぶ前から予想できてたんだけどね。 ひょっとしたらと思っても駄目でした。 思い出せない。

捨てアカを取得して動作OK

Googleに入らないと何もできない。 仕方が無く捨てアカを作った。

最初の原稿はGoogle Docで書いている。 Ankerのキーボードも持ってきてるので快適に入力できる。 因みにIMはATOK FOR ASUSなので快適な変換効率のはずが、 慣れなくてもたつく。 IMを切り替えようろしても上手く行かないし。 誰かに売りつけることも考えてそっとしておくことに。

書いた原稿はPDFでメールすれば作業環境へ放り込むことが出来る。 これで良い感じにデジタル環境ができた。

ベースはホテルのラウンジ

夜に歩き回ると禄なことにならないので、 安心して楽しめるところを考えていたら、 ホテルのラウンジに北海道物産展なコーナーがあって、 ビールやワインやお酒が飲めるということを偶然に発見。 試飲という割引販売もあるそうだ。 店長さんやアシスタントのお嬢さんは話しやすい雰囲気で、とても気の置けないところだ。 よっしゃ、ここをベースキャンプにしよう。

ベースキャンプ

居心地が良いのでツイ飲みすぎてしまうのが要注意だ。 カウンターにしがみついてビール6杯は飲んでしまう。 時にはほかのお客さんと仲良く交流したりしてしまうのも楽しい。

スタッフ紹介

店長さんの青野 導さんはジャンプ競技の世界では有名な方らしい。 青野 導(あおの おさむ)さんはこんな方。 なんと言うか3歳先輩の素敵なお方。 事故という人生の挫折に負けないで、新しいご自分の世界を築いていらっしゃる。 羨ましいことではあります。

アシスタント嬢の吉野さんは朗らかでやさしいお人柄。 写真で分かると思うが笑顔が素敵。 観光業界でガッチリお仕事することが目標なんだそうだ。

そして橋本社長さんとのお話も楽しかった。 単なる酔っぱらいの僕にも丁寧に接して頂き、ありがとうございました。

橋本社長

食べ歩き

札幌の街をぶらつきながらこんなお店に入りました。 印象を簡単に。 写真は無いですが、想像してみてください。

駅弁屋

札幌駅構内にある駅弁しか売っていない店舗。 凄く小さいので見逃してしまいそうになる。 朝ゴハンは此処で調達していた。 4回購入したが「やまべ鮭寿司」がお気に入り。

くるくる寿司

札幌駅地下アピアにあります。 あまりおすすめできない。 昔は活気があってネタも良かったようなんだけど。 残念。

北海道カリー倶楽部おの

メニューが多いが普通のオムカレーが美味しかった。 あまり濃厚さはないが量があるのでサラッとしている方が良いと思う。

北海道バーガー

ご存知ご当地グルメというやつです。 ホテルの1階にあるレストランで試したが、最低。 肝心のパテがカチカチの硬さ。 肉が羊なんでやりにくいのは分かるけど、酷すぎ。 道民食ファンが減るに違いない。

島田屋のジンギスカン

妹の家に行くと定番で夕食は此処。 最近は若者向けにメニューが調整されてきていると思うな。

大倉山のラム肉や

シャンツェの目の前にあるレストラン。 満足できるボリュームとお味。文句なし。 中継で見ていた大倉山シャンツェの土地勘が理解できます。

ラウンジの青野さんに事後報告したら、お力になれたのにと、 残念がられた。m(_ _)m

蕎麦屋

蕎麦が好きなのでどこにでも入ってしまう。 水が美味しいし、蕎麦の産地でもあるので、どこでも美味しい。

ただし、蕎麦湯はお願いしないと来ないのが北海道。 ご注意ください。

大通公園の屋台

屋台は減った。とうもろこしとビールぐらい。 大きな催しがあるときにはあり勝ちなことです。 地下街の発展ということもあるかも知れないですが。

JRタワーのカフェ

札幌駅のJRタワーの展望階にあります。 しっくりとハマっていないように感じたのでパス。 お茶やケーキ、ビールなどを楽しめます。

お散歩:大通公園

札幌お散歩の定番です。 良い天気に良いビール。 言うことないですねえ。 お花も綺麗だし。

噴水前

お花

お散歩:地下街

久し振りに札幌の街を歩いたら地下街の利便性が圧倒的でした。 これなら季節を問わずショッピングが楽しめます。

その広がりは物凄く、札幌の中心部は殆どカバーしたのではないでしょうか。 ちょっとMapを覗くと南北に伸びる「チ・カ・ホ」と呼ばれる 真っ直ぐな地下道がある。 そして東西に伸びる地下街も。 札幌駅から真っ直ぐに歩いてすすきのまで傘がいらないとはねえ。

飲食は勿論のことファッションのお店が多いのが印象的です。 メディア関係も店舗がありますし、大型店へはエレベータが常識。

寒さが厳しい北海道ですから昔からこの傾向がありましたが、 此処まで張ってしてきたんだなあと思うことひとしおです。

でも夏の北海道は地上を歩きたい。 湿度の低い23度ぐらいの気温。 風力2ぐらいの爽やかな風。 遠くに見える宮の森シャンツェと来ないとねえ。

地下街の写真がないのも、いまいち気が乗らないせいなんだろうなあ。。。 申し訳ない。

お散歩:藻岩山

久し振りに藻岩山へ上ってみようと思います。 もちろん、(年なんで)ロープウェイを使います。 ホテルから徒歩で、市電すすきの駅に行き、ロープウェイ入り口駅まで行きます。 電車内外の雰囲気や風景を楽しみながらここらを和んでいきますねえ。 送迎バスに乗り継いでロープウェイの駅です。

ロープウェイ乗り場

1回ロープウェイを乗り継いで、 山頂まで行けばなんと高級フレンチレストランがあります。 でも大丈夫。ワゴンも出ているので、お気軽に軽食できます。

ロープウェイ

風景は札幌の町を一望するもので、 夜景でフレンチコースならロマンチックでしょうねえ。 一人じゃねどうしようもないのだな、まったく。

札幌市街

僕より明らかに先輩の女性陣が登山道を上ってこられていました。 最敬礼です。

再びロープウェイで降りてきて市電で一回りと思ったら、 途中で何かのイベントがあって、折り返しになると言うので、 札幌駅まで散歩してみました。

途中に狸小路があってビックリ。 狸小路がこの辺にまで延びているとは。 観光誘致の影響なんでしょう。

お散歩:中島公園

ここには札幌コンサートホール Kitaraがあります。 ジャズフェスが開催されているかと思って訪ねてみました。 残念ながら外れでしたが、公園の景色を楽しめました。

ホールへ来るんだろう観光客には見えない外国人は楽団員なのでしょう。 風格ある人が多いのでそんなふうに思ってしまった。

池の向こうにホールが見えます。

札幌コンサートホール

お散歩:二条市場

書くのが辛いぐらいにやる気が見えない。

バスで送り込まれてくる観光客なら愛想よくしましょうというのでしょうか。 もう行かないと思うのでした。

もう一つ残念だったこと

札幌を舞台にしたジャズフェスが開かれているのを忘れていたのが残念。 メール会員になっていたのにスマホを忘れたのでどうしようもない。 実はメールアカウントのパスワードも覚えていなかったんだ。

何とか時間のある火曜日に大通公園の観光案内所へ行ってみたが、火曜日には何もイベントがないとの事。7日の日曜日に始まっているんだが土日のイベントが中心みたいだ。

市内のジャズスポットも案内があったけど、疲れたのかな、気が乗らなくて諦めた。 残念でございました。

噴水前でビール

大通公園噴水前で焼けビールでした(苦笑い)