現在使用中のPlanck EZキーボードを モバイルで使うためのケースが到着しました。 さて使い物になるんでしょうか。 今回はそんなお話です。

僕の環境

例によって、Ubuntu20.04LTS日本語Remix搭載の、NUC8i3BEKです。 ストレージはM.2 SSD 250GB、メモリ16GBです。 X環境を使用しています。 日本語入力環境としてMozcを使っています。

Planck EZのモバイルケース

Switchケース
このケースは任天堂のSwitch向けのケースです。 以外に内側が厚かったので、 ピッタリ収まってしまいました。 網目でファスナー付きの上部格納に色々と入りそうです。 SDカードのフォルダーが付いていましたが、 使わないので、切り取りました^_^

取り敢えず入れたものを列挙してみましょう。

  • Planck EZ:ご本尊
  • USB-C ケーブル:USB-C
  • スマホを置く台:折畳
  • 紙のメモ帳:貼れるメモ
  • ペン:細身

更に入るだろうと思うものはこれらです。

  • 2次電池:入った
  • 領収書やパンフの類:ゆとりある
  • 薬:ゆとりある

そして無理だったのはこれらです。 詰め込めるが、キーを押してしまうので、感心しない。

  • スマホ
  • 眼鏡
  • 時計
  • コンデジ

使えるやつでした

詰め込むつもりでしたが、 文房具を収納できているので、 狙い通りに使えるやつです。

ゲーム好きなんですね、なんて言われそうですけど。

どこへ行くのか

箱根のイメージ
箱根のイメージはこんなところでしょうか^_^

近場でよく行く箱根が良いと思っています。 都民ですが、箱根は迎えてくれるでしょう。

湯元の裏通りの先にある老舗の温泉宿とかへ行きたいです。 途中の酒屋さんにも行きたい。

箱根登山鉄道が動いたので、久し振りに乗りたいな。


ここではゆったりと書いています。 良いケースが見つかったものです。 狙った使い方ができそうですね。 その辺はここでネタにしましょう。