お茶を煎れる急須の蓋が欠けてしまいました。 コーヒーを控えて煎茶を飲もうと思っていたのですが、 これも転機なのだなと納得して、 手持ちの道具を当たってみたら、 コーヒードリップサーバー、単純に茶漉し、 そしてフレンチプレスが思い当たります。 フレンチプレスが面白そうなので、使ってみました。 これが使い勝手が良いので、 そのまま日常品としています。 今回はそんなお話です。

使い勝手が良いです

リンク:フレンチプレス(コーヒープレス)とは コーヒー BACAS

フレンチプレス
詳しい説明はリンク先を読んで頂くとして、 プレスを外して茶葉を適量入れ、お湯を注いで、 プレスを軽く被せて温度低下を防ぎ、茶葉が開いたら、 下までプレスする。この手順で美味しいお茶が煎れられます。 緑茶ばかりではなく、ほうじ茶、麦茶等、 何でも来いです。 コーヒーだって簡単に煎れられます。 豆さえ調達できればですが。

僕は緑茶が主です

最近は温かい緑茶が好みです。

そしてこのフレンチプレスという道具も気に入っています。 コーヒーを煎れていた時には、 たいして感動もしなかったのですが。

きっと、ガラスの胴体から見える、 お湯を注ぐと茶葉が踊る様とか、 プレスした時の緑色とかが、 気分に合っているんだと思っています。

緑茶で楽しむ
こんな感じで楽しむ風景です。

水分を十分に取るよう、医者から言われているので、 楽しんで水分を取るのは大事だなと。 コーヒーだと結構胃に来るので、 お茶ぐらいが一番です。