スマホ切替えました。 2017年の最後にフリーテルのMVNO事業が楽天モバイルに統合されました。 本当はフリーテルのSIMを使い続けたかったのですが、新しいスマホ達はナノSIMなのです。

Priori4絶不調から中古品に乗換える

以前から不調だったProori4の調子が最悪となったので、遂に買い換えを決断しました。 近所の携帯屋さんで相談した結果、中古の機体に今のSIMを載せることにしたのです。 若い店員さんに無理に頼み込んで、安いけど使えそうな端末(ZTE Blade v7 Lite)を単体で売って貰いました。

今度のスマホ

「このSIMのサイズ変更は楽天ではお受けできません」

それまでのSIMはフリーテルで契約したマイクロSIMでした。 今度の端末には、やはりナノSIMが必要です。 果たしてこの状況で、SIMのサイズ変更は可能でしょうか。 当たって砕けろは、僕の体質です。

SIMサイズの変更を申し込むために渋谷の楽天ショップまで出向きました。 ところが、楽天モバイルではできないという仰せで、フリーテルに直接電話で聞いてほしいと。

ちょっとモヤモヤしながら自宅へ戻ったのです。

無理はいけない

帰り道で、頭を冷やしながら考えました。 その結果(先のことを考えて)フリーテルから楽天モバイルに切り替えることにしたのです。

サイトを調べると、なんと、MNP無料キャンペーンがまだ期間中でした。 フリーテルでも移籍がオススメということだったんですね。 ここまではラッキー。 SIMは好きなサイズを選べるし。

そう言えば、以前に乗換の勧誘メールが来ていたのですが、日和っていたのでした。 フリーテルのサイトで「メールが届いていない方はこちらへ」のリンクを発見したので、 キャンペーン申し込み番号を取得して、早速申し込み作業を始めたのです。

楽天モバイルの申込み(MNPで)

実はMNP初体験&キャンペーン利用なので、トライ&エラーした結果次の3点がポイントでした。 予め手配できていれば迷わなかったのです。(迷ったのです)

  1. 楽天会員になること:割引がつく
  2. キャンペーンの申込み番号を用意:メールで取得(楽天側MNP無料)
  3. MNP番号用意:フリーテルに申し込んでメールで取得(2,000円必要)

SIMの契約は毎月2GB、最低1年間契約保証の条件(要するに一番ライト)で申し込みました。

長い入力の末に

長い入力作業の結果、最後に本人確認書類をアップロードして、本人確認の通知メールを受け取りました。 2日後の午前中に到着予定です。

SIMが届いたので早速作業開始

宅配便でSIMが来ました。 だましだましながら現在のスマホからMNP停止の手続きを行います。 手順書に書かれている電話番号のガイドに従って、数字の1を何回か入れるだけです。

次に今度のスマホに新しいSIMを入れます。データSDも忘れずに一緒に。 アクセスポイント名:rmobileは定義されていなかったので、説明書のとおりに登録します。 (余計なところを弄らないようにして下さい。) 新しいSIMにはまだ切り替わっていないので、アンテナは立っていないはずです。

ここで、今までのスマホのアンテナが消えていることを確認します。 消えてないと新しいSIMは生きてきません。

台所で洗い物でもしながら待ちましょう。

SIMが切り替わったので動作を確認します

30分ぐらい他のことをやっていたら、SIMが切り替わっていました。 旧のアンテナが消えて、新のアンテナが立っています。

早速確認作業を行いましょう。

  1. 楽天モバイルアプリを入れ、契約内容を確認する
  2. WiFiを切って通信できているかを確認する
  3. 機内モードのテスト
  4. BTイヤホンのテスト
  5. SMSのテスト

こんなものでしょうか。

通話はOCNの10分間を使い放題なサービスで

電話番号がどのキャリアであっても10分間を使い放題なサービスがあります。 「OCN電話キャリアフリー」がそうです。1,080円で10分以内で何回でも利用できます。 若干の規制がありますが、引っかることもなく契約できました。

このサービスには専用の「OCNでんわ」アプリが要るので、インストールします。

お疲れ様でした。

スマホの紹介は省略します

ググれば幾つでも出てきますので、省略します。

お気に入りの点は、低価格帯にも拘わらず指紋センサーが使えるところです。 指紋センサーの上でゼスチャーすると、かなりなことができるとありますが、今後の楽しみにしましょう。